採用情報

リード社員が語る -開発研究所-

2015年 入社

工学部 バイオ化学工学科専攻

開発研究所 開発チーム

 

プロジェクト成功のその先へ!

2015年の入社当初から主にダイヤモンドワイヤー(以下DW)の開発に携わっています。DWは太陽光パネルや半導体デバイスに使用されるシリコンの塊等を、一度の加工で何百枚ものウェハーへ薄くスライスすることに使用されています。客先での量産採用を目指して、DWの仕様決めや客先案件の対応に取り組んでいます。

入社当初は日々目の前の業務をこなしていくだけで精一杯の状態でしたが、今では当時よりも余裕を持つことができ、材料の調査・選定から社内評価、客先での立会評価に至るまで、周りの部署と力を合わせながら進めています。その中でも特に達成感を味わえる瞬間は、客先でのテストが成功し、量産採用へのステップを進められたときです。この瞬間に勝るものは無いです。

現在の最大の目標は、携わっているプロジェクトの成功です。大切な根幹に近い部分でもあるDWの仕様設計~初期評価を任されていますので、これまで以上に周囲と協力し目標達成に向けて業務に励んでいきます。

2016年 入社

工学部 物質化学工学科専攻

開発研究所 開発チーム

 

READ製品で社会貢献できるエンジニアを目指します

2016年4月 よりREADに入社してから、ダイヤモンドワイヤをメインに開発担当として業務に取り組んでおります。太陽光や半導体市場へ向けて、高性能かつ高品位な精密加工ツールのリリースを目標に仕事しております。開発研究所の仕事のやりがいとしては、製品の設計~製作~評価~改善までを一貫して携わることができる点だと思います。具体的には、実際にお客様の現場へ国内外問わず出向き、自ら設計し開発した製品を一緒に加工評価することがあります。直接エンジニア同士でディスカッションを繰り返し行うことで、多様な視点からベストな解決策を導きます。

いくつもの壁を乗り越え苦労して製作した製品で良い結果を出せた際には、非常に大きな達成感を得ることができます。世界が求めるより良い製品に向けて、全部署で密にコミュニケーションを取って日々業務に励んでおります。社訓の「さて そのつぎは」の精神を常に心にとめて、何手先も予測した製品開発を継続していきます。READメンバーがモノづくりにかける情熱で社会に貢献していきます!

2018年 入社

工学部 機能高分子工学科専攻

開発研究所 開発チーム

 

“できる”を信じて挑戦します!

2018年4月に入社してから、主に要素技術の開発に携わっております。READの製品の要となり得る技術の開発に携わらせていただいていることに誇りと大きなやりがいを感じています。

ミクロン単位という非常に繊細な加工の難しさに苦労する事はたくさんありますが、部署問わず多くの方にアドバイスをいただきながら解決の糸口を見つける楽しさがあります。最近では自分のアイデアを開発に活かせるようになり、重要な開発テーマを任せていただいております。責任のある業務ですが、信頼して自由に挑戦させていただけていると実感します。課題に対して様々な条件で検証を行い、新たな発見ができた時には非常に達成感を感じます。

現象の解明や技術の開発には終わりがありません。未だ実現できていないプロセスを社内に落とし込むのが今の目標です。より精度の良い製品を常に提供できるよう、探究心とスピード感を意識して挑戦していきます。これからもいち早くお客様の求める性能を実現できるよう粘り強く取り組み、妥協しない製品づくりに邁進いたします。

  • Concept
  • 採用情報

    Let’s show your ability

  • CSR

    社会とともに、社会から信頼される企業であり続けるために

お問い合わせ

  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • 045-227-2011

製品、サービスなどお気軽にお問い合せ下さい。

PAGE TOP