採用情報

リード社員が語る -開発研究所-

小野寺 雄

お客様・会社・社員がWIN・WIN・WINの関係を構築できる会社

各種ダイヤモンド工具(次世代加工ツール)の開発担当として、新規市場へ参入することを目標とし、事業化に向けた業務に取り組んでいます。

製品開発と製品をリリースさせることに全力で取り組んできました。エンジニアとして「ものづくり」に携わり、その本質やプロセスを学んできました。何度も壁にぶち当たりましたが、そのときは部署間を越えたコミュニケーションを深め、問題解決の糸口を探りました。そして、転んでは起きを繰り返しながら仲間たちと切磋琢磨することで技術課題をクリアし、世の中に自分たちの製品を送り出すことができました。本当に嬉しかったです。一度始めたことに対しては、どんなに苦しくてもやり抜く忍耐力と粘り強さが養われました。

責任は重大ですが、とてもやりがいがある仕事です。

教育環境も充実しており、幅広い知識と高い専門性を習得できると思います。習得したスキルを活かし活躍の場を広げていける環境も整っています。年齢や社歴に関係なく誰にでも平等にチャンスを得られるので業務を通じて自分の成長を感じることができますし、会社が個別にバックアップしてくれるのでとても安心です。

お客様・会社・社員がWIN・WIN・WINの関係を構築できる会社だと思います。

大槻 俊紀

失敗しても諦めない事が成功への近道です。

私が所属する開発研究所のコンセプトは、“仕事に限界をつくらず”をモットーに しております。
これは、常日頃現状に満足する事なく、新しい事へと挑戦し続けるという意味合いであると私自身は考えます。

現在、私は精密加工用切断ツール(ブレード)に関する研究・開発を主として行っております。お客様が求める要求事項を達成する為の研削加工ツールを、構造設計から量産プロセスの立ち上げまで携わっており、日々やりがいを感じております。

また、会社単体での開発のみに留まらず、異業種メーカーとの共同開発や、未踏の分野への挑戦など、1つのジャンルに捉われない開発スタイルになっております。

自分で設計・開発した製品を自らお客様へプレゼンし、その製品をお客様と共に立ち上げるという共同作業も行っております。先方の要望次第では国内外問わず立会い評価を行い、満足頂けるまで改善テストを行う等、CSの向上にも努めております。

実際に、数々の実験から成功に導いた例はほんの一握りです。

当然私も数多くの失敗を経験しておりますが、何よりも諦めない事が成功への近道なのだと考えております。生み出してきた開発品も、量産化に向いていないような製品からのスタートで、最終的に安定化するまでの改善を繰り返し行ったのがキッカケだったと思います。“仕事に限界をつくらず“ 合っていますよね。

  • Concept
  • 採用情報

    Let’s show your ability

  • CSR

    社会とともに、社会から信頼される企業であり続けるために

お問い合わせ

  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • 045-227-2011

製品、サービスなどお気軽にお問い合せ下さい。

PAGE TOP