採用情報

リード社員が語る -業務部-

2016年 入社

業務部 仙台工場総務課

感謝を忘れずに

2016年4月より入社し、仙台工場の業務部総務課として経理・来客や電話対応・社会保険等の届出などを主に業務を担当しています。

業務部は担当業務以外にも突発的な仕事や工場の方々のサポートが多いので、様々な視点に立ち「どうするべきか」などと考える時間が多々あります。入社して間もない頃は覚える事に追われて視野が狭く、目先のことにしか手が回りませんでした。しかし、入社以来様々な経験をすることで、今ではいろいろなことに臨機応変に対応する力を身につけることができました。当社の社訓「さてそのつぎは」に則り、目の前のことだけではなく先のことを見据えて行動することの大切さを周りの方々に教えて頂きました。

リードは、全員が全員を思いやり、協力し合う素敵な会社だと思っています。 業務部は工場の方々のサポートすることが多いと上に記載しましたが、実際のところでは工場の方々の協力もあってこそ、私たち業務部が存在できている部分があります。

これからの目標としては、これからの業務部として仕事の在り方を考えたり、新しい事にチャレンジして次の自分へのスキルアップを図っていきたいと考えています。そして最終的には会社へ貢献できる人財になり、入社以来お世話になった工場の皆さんへの恩返しができるように努力していきたいと思っています。

2013年 入社

業務部 本社総務課
 

「目配り、気配り、心配り」を大切にしています。

リードに入社して8年目を迎えようとしています。入社当初から本社の総務にて給与処理や社内報「NEXT新聞」の作成など、事務全般を担当しています。また、秘書として社長のスケジュール管理や来客対応も行っています。突発的な作業も多く出てきますが、困った時は相談できる上司に囲まれ楽しい毎日を過ごしています。

私がリードに入社して学んだことは、先読みをして業務を進めることです。例えば、来客の予定が決まった場合手土産の有無、私のスケジュールを調整する必要があるか、などあらかじめ考えられることを想定し、臨機応変に動けるようにしています。また、毎月のルーティンである給与処理は期限が決まっている仕事のため、可能なことから早めに処理することで心に余裕を持てるようになりました。他に必要なことはないか、日々目を光らせながら仕事をすることで視野も広くなり、社内の動きにも気付けるようになったと思います。

これからも相手の立場に立って物事を考えるだけでなく、社訓である「さて そのつぎは」の精神を忘れず、楽しく成長していきたいです。

2020年 入社

業務部 新潟工場総務課
 

より良い職場にするために

現在私は新潟工場の総務・経理・資材を担当し、来客対応・給料計算・資材の受入等を主に行っています。入社してすぐの頃は右も左も分からない状態で不安でいっぱいでしたが、心強く優しい先輩方のおかげで現在は楽しく業務に取り組むことができています。

現場の方々と接する機会が少ない業務内容ですが、自分が行った仕事によって「助かったよ」や「ありがとう」と、実際に声をかけていただいた時に嬉しさと共に達成感を感じます。 また、入社してから教えていただいた「次工程はお客様」を普段から常に意識して行動するよう心がけています。突発的に起こる仕事もそうですが、日々こなす仕事に関してもミスをなくこなしていくことが次工程の人への配慮だと思っています。

今後の目標としては、実際に働いてみて感じた自分自身の知識不足な部分を埋めていけるよう、自己啓発の意味でも様々なジャンルの検定・資格試験を受けていこうと考えています。そして、「さて そのつぎは」の社訓のもと、ただ検定や資格を取って満足するのではなく、更により良い職場にするために取得した検定・資格を活用できるよう頑張っていきたいです。

  • Concept
  • 採用情報

    Let’s show your ability

  • CSR

    社会とともに、社会から信頼される企業であり続けるために

お問い合わせ

  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • 045-227-2011

製品、サービスなどお気軽にお問い合せ下さい。

PAGE TOP