採用情報

リード社員が語る − 総合 −

「さてそのつぎは」が社訓の好奇心に満ちたフィールドがあります。

2007年9月に新設されたばかりの金沢営業所で、精密加工用ダイヤモンドツールの営業を行っております。一般的な営業というよりは技術営業に近く、お客様からも専門的なご質問を多く頂きます。元々は開発研究所へエンジニアとして入社し、途中から営業部へ異動となりました。そのため、「技術的な知見」と「お客様の視点」という、2つの眼を養うことができました。

リードに入社したきっかけは、大学の研究部で「新規構造の無機化学物質」の実験を行っていた経験があったからです。社内の日常業務においても、そういった粉末の混練・焼結といったクリエイティブな研究や創造を行っており、非常に身近に感じられたことが強い動機となりました。

会社の印象としては、社訓にある「さて そのつぎは」をまさに実践している会社だと思います。今後は、技術職と営業職で培った双方の経験を活かし、お客様本位の営業活動を進めていきたいと考えております。

佐藤

菅家
自分が描いたストーリーを実現する。営業の醍醐味です。

半導体・電子部品分野向けのダイヤモンドツールの営業を担当しています。仕事ではいろいろと大変なこともありますが、常にお客様の目線に立つよう心がけています。やりがいを実感する時は、営業マン自身でストーリーを描き、開発・製造と連携し、課題や問題をクリアした瞬間ですね。さらにお客様から喜ばれて、会社にも貢献できた時は最高です。

これまでで一番印象に残った出来事は、開発チームに在籍していた時に、仲間と一緒に会社から新規事業賞を頂いたことです。社会人になって初めて賞状を頂いたので、とても感動しました。

リードで感じることは、他部門との連携・レスポンスの速さです。そしてチームワーク。これが革新的な製品を生み出すリードの強みだと思います。また、社員の心の暖かさや仕事に対する熱心な態度も感じられます。

今後はマネジメントスキルを向上させ、組織の核となれるよう、常に初心を忘れず、向上心を持って、枠にとらわれず、何事にもトライしたいと思います。


世界のニーズに応えることで自分自身も成長することができます。

営業として、国内及び海外各拠点での業務に携わり、現在は香港支店に勤務しています。地域によって異なるニーズに対応し、お客様の満足度を向上することが求められる任務です。決して簡単な仕事ではありませんが、イノベーションを体現すべく、良い緊張感を持って働くことが出来るフィールドがあります。

「日本人の“ものづくり力”を最先端の技術に」という目標のもと、世界に飛躍する元気な会社というのが、リードのイメージです。良いものづくりとは、単に手先の器用さを競うものでなく「お客様を想う気持ち」が重要である事を気付かせてくれた会社です。また、大所帯でないだけに、社員全員が一丸となって突き進むパワーに溢れています。

精密加工分野で使用されるツールを開発・製造するリードには、先進的な社会を開いていく責任があります。その一員として、多岐の業務を任せて頂いた事で、私自身の責任感も強くなったと思っています。「お客様と共に、社員もその家族もハッピーになる」そんなインパクトの強い仕事を成し遂げていきたいです。

武田