製品案内
HOME > 製品案内 > 精密加工用ブレード > DCCブレード

精密加工用ブレード

DCCブレード

主な特長

ブレードの薄刃化が可能

  • 高剛性・高硬度のボンド材を使用しており、ブレードの薄刃化が可能

材料ロスの低減

  • 取りしろの削減により、材料Lossの低減および製品取り個数のアップが可能

ブレード寿命のロングライフ化

  • 耐摩耗性に優れており、ブレード寿命のロングライフ化が可能


ブレードの種類

比較

DCCブレードの物性(メタルブレード、電鋳ブレードとの比較)

  メタル 電鋳 DCC
硬度(Hv)
230
600
2500
曲げ強度(kgf/mm2
100
130
180
弾性率(kgf/mm2
6,000
10,000
55,000

DCCブレードと従来ブレードの比較

加工例

アルチック材切断評価

加工精度の比較

  • 同じ刃厚では電鋳よりも加工精度は良い
  • 刃厚が薄くなった場合でも電鋳と同等の加工精度を保つことが可能
製品についてのお問い合せはこちら