コンセプト
HOME > コンセプト > 社訓に込めた想い

社訓に込めた思い

未踏技術の開拓を目指して。NEXTステージへのあくなき挑戦。

私たちリードが掲げる社訓『さて そのつぎは』。企業としてのビジョン、ポリシー、想い、夢・・・それらを実現するための私たちの誓いがこの社訓には込められています。リードは創業以来、それまで未知の分野であった超精密加工製品の開発・製造に取り組み、早くからグローバルでの展開を推進することで世界のモノづくりの技術革新を支えてきました。

常に時代の先端をゆく製品を生み出してきた背景には、世の中にないものを創り出そうとする信念、新技術へのあくなき探求心など、社員一人ひとりの“挑戦”があります。私たちリードの事業活動の源泉、そこにはいつもチャレンジ精神があるのです。現状に満足することなく、次のステージを見据え、だれよりも早く未踏分野を開拓すること。“そのつぎ”を目指すリードの挑戦に終わりはありません。

社員のモチベーションがモノづくりの源泉。CSとESのスパイラルアップが新たな価値観を創造。

どのビジネスにおいてもCS(Customer Satisfaction:顧客満足)の向上が最優先すべき企業命題として挙げられています。そして私たちリードでは、CSの実現はES(Employee Satisfaction:従業員満足)の先にあるものと考えています。新しい製品を生み出し、より付加価値の高いサービスを提供することがお客様の満足につながるとしたら、それを実現するのは会社ではなく、そこで働く社員です。特に私たちのようなモノづくりの会社は、社員一人ひとりのスキルが技術の源となります。

リードでは社員間のコミュニティを促進することでESの向上に積極的に取り組んでいます。ESの向上がCSの向上につながり、スパイラルアップして新たな価値を生み出す。リードのモノづくりの源泉には目指す想いを共有する“家族”のような一体感があります。

リードの価値観イメージ図